月別アーカイブ: 2012年9月

ページ内に適用されてる全CSSを要素スタイルに展開するブックマークレット

 

ブラウザ上でテキストを選択してクリップボードにコピーし、Keynoteやoffice系ソフトにペーストしたとき、外部CSSで指定されているスタイルが適用されない。よくあるケースでは、プログラムのシンタックスハイライトを保ったままコピペしたいのにペースト先で色が再現しない。そこで、これを解決するブックマークレットを作りました。ページ内の全要素のスタイルをスクリプトで再設定することで、要素スタイルにするやつ。下記のリンクを右クリックでブクマしてね。

Freeze CSS

以下、注意。

  • めっちゃ重いかもしれない。
  • Firefoxでしか試してない。

 

 

Mojoベースのオレオレフレームワークを作った

 

Mojoベースのフレームワークを作りました。コンセプトはPHPの代わりです。

https://github.com/jamadam/Marquee

フレームワークなんですが、その点は置いといて、付属のプラグインとそのコマンドラインインターフェースが便利なので、その説明。

インストール。

$ wget https://github.com/jamadam/Marquee/tarball/master -O marquee.tar.gz
$ cpanm marquee.tar.gz

とりあえず、marqueeのソースディレクトリでAutoIndexプラグインを試してみる。

$ tar -xvf marquee.tar.gz
$ cd marquee
$ mojo marquee --auto_index
[Fri Sep  7 21:10:22 2012] [info] Listening at "http://*:3000".
Server available at http://127.0.0.1:3000.

ブラウザでhttp://127.0.0.1:3000/を開くとインデックスが表示され、リンクを辿ってファイルを閲覧できます。htmlを開けば普通にtext/htmlとして開くので簡易HTTPサーバーとして使えます。

PODViewerとMarkdownというプラグインも付属しています。Pod::SimpleとText::Markdownがインストールされていれば、下記のコマンドでドキュメントビューワーとして機能します。

$ mojo marquee --doc_viewer

ブラウザで下記のURLにアクセスするとPODやMarkdownのリストが出ます。PODのリストは@INC内のすべてがリスト化されます。Markdownのリストはカレントディレクトリ以下の.mdファイルの列挙です。

http://127.0.0.1:3000/perldoc/
http://127.0.0.1:3000/markdown/

オフィシャルサイトも作ってみました。このサイト自体もMarqueeアプリとして動いていて、上記のソースに同梱されています。

動かしてみます。

$ ./official-site.pl daemon
[Fri Sep  7 21:21:52 2012] [info] Listening at "http://*:3000".
Server available at http://127.0.0.1:3000.

ブラウザでhttp://127.0.0.1:3000/を開くと、オフィシャルサイトと全く同じものが動きます。同梱のPODビューワーとMarkdownビューワーを駆使したドキュメントが閲覧できます。

ちなみに日本語版もあります。日本語版も同梱されてるので、下記で起動できます。

$ ./official-site-ja.pl daemon