PogoPlugでウェブサーバー

PogoPlugを無事、ハックできたので、次はウェブサーバーを立ち上げてみた。最終的にはフォトギャラリーを身内と共有したいんだけど、とりあえずは、指定のディレクトリ以下を手軽に公開する。ただし、apacheとか大げさなものは使わず、自作のMojoX::Tusuっていう何かを使う。Mojoliciousプラグインなんだけど、apacheみたいにファイルをサーブする何か。

このブログにやたらと登場するMojoX::Tusuですが、ただ自分が好きで使ってるだけです。危険なのであまり真似しないほうがいいと思います。

 

root権限でcpanmのインストール。

$ perlbrew install-cpanm

前回インストールしたPerlに切り替え。

$ perlbrew switch perl-5.14.2

MojoX-Tusuっていう何かを入れる。最近、cpanmでgithubから直接インストールできなくなった。githubがSSLになったせいか、リダイレクトの関係か、不明。しょうがないのでwgetしてからcpanm。

$ cd ~
$ wget https://github.com/jamadam/MojoX-Tusu/tarball/v0.38
$ cpanm v0.38
$ rm v0.38

依存先のMojoliciousも入ったはずなので、tusu_appってものをジェネレートする。

$ mojo generate tusu_app Public

~/public/lib/Public.pmにindexesオプションを追記。これでapacheのauto indexみたいな動作。

        encoding                => ['Shift_JIS', 'utf8'],
        document_root           => $self->home->rel_dir('public_html'),
+       indexes => 1,
    });

アプリを起動する。

$ hypnotoad ~/public/script/public

以上で~/public/public_htmlがドキュメントルートになったので、8080ポートで見られる。あとは、public_html以下にファイルを突っ込めばハローワールド。身内用には別のtusu_appを乱立してhypnotoad.confでポートを割り当ててく。Mojolicious::Plugin::PlackMiddlewareとかでベーシック認証でもかけておけば良いんじゃないかと思う。

 

とりあえず、テキトーにMojo::Tusuのソースをアップしてみたけど、そのうち消す。

PogoPlugでウェブサーバー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Pogoplugで自宅サーバー復活- jamadam weblog2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です