mojo-legacyのメンテナンスメモ

 

mojoの最新版をmojo-legacyにマージする自分用メモ。

 

mojoリポジトリのクローンで作業開始。

$ cd mojo
$ git checkout master
$ git pull upstream master
$ git pull upstream master --tags
$ git checkout mojo-legacy
$ git merge v2.82

…コンフリクトを直す。ついでにChangesも追記

… qr/( ~~ | // | //= )/で検索するなどして、新たなperl-5.10.x依存を排除。正規表現も注意。あと、${^PREMATCH}, ${^MATCH}, ${^POSTMATCH}も。

その後、テスト。

$ perlbrew use perl-5.8.7
$ export TEST_HYPNOTOAD=1
$ export TEST_TLS=1
$ export TEST_MORBO=1
$ export TEST_EV=1
$ export TEST_ONLINE=1
$ export TEST_CACHING=1
$ export TEST_IPV6=1
$ export TEST_PREFORK=1
$ export TEST_POD=1
$ prove -r t

…mojo-legacyリポジトリを差し換え

その後、コミット。

$ cd mojo-legacy
$ git add .
$ git add -u
$ git commit -m 'rebased on Mojolicious v2.82'

mojo-legacyのメンテナンスメモ」への6件のフィードバック

    1. Magda

      Hidden due to low comment rating. .Sori ahkak xminat selagi beliau x bertudung walaupun ahkak ni pakai tube jew.sekian bye. sila dislike akak ye noelyoor~P-ratkd.

      返信
  1. jamadam 投稿作成者

    ご意見ありがとうございます。バージョン番号の付け方で迷って放置してました。本家のバージョン番号に合わせてタグ付けていこうと思います。

    返信
  2. perlcodesample

    こんな感じでタグをつけます。

    git tag -a v2.87 -m 'version 2.87'

    古いバージョンにタグをつけるときは

    git reset コミット番号

    して古いコミットに戻ってからタグをつけます。
     それと知っておられるかもしれませんが、git push しないとリモートリポジトリにタグは反映されないです。

    git push origin v2.87

     

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です