Mojoベースのオレオレフレームワークを作った

 

Mojoベースのフレームワークを作りました。コンセプトはPHPの代わりです。

https://github.com/jamadam/Marquee

フレームワークなんですが、その点は置いといて、付属のプラグインとそのコマンドラインインターフェースが便利なので、その説明。

インストール。

$ wget https://github.com/jamadam/Marquee/tarball/master -O marquee.tar.gz
$ cpanm marquee.tar.gz

とりあえず、marqueeのソースディレクトリでAutoIndexプラグインを試してみる。

$ tar -xvf marquee.tar.gz
$ cd marquee
$ mojo marquee --auto_index
[Fri Sep  7 21:10:22 2012] [info] Listening at "http://*:3000".
Server available at http://127.0.0.1:3000.

ブラウザでhttp://127.0.0.1:3000/を開くとインデックスが表示され、リンクを辿ってファイルを閲覧できます。htmlを開けば普通にtext/htmlとして開くので簡易HTTPサーバーとして使えます。

PODViewerとMarkdownというプラグインも付属しています。Pod::SimpleとText::Markdownがインストールされていれば、下記のコマンドでドキュメントビューワーとして機能します。

$ mojo marquee --doc_viewer

ブラウザで下記のURLにアクセスするとPODやMarkdownのリストが出ます。PODのリストは@INC内のすべてがリスト化されます。Markdownのリストはカレントディレクトリ以下の.mdファイルの列挙です。

http://127.0.0.1:3000/perldoc/
http://127.0.0.1:3000/markdown/

オフィシャルサイトも作ってみました。このサイト自体もMarqueeアプリとして動いていて、上記のソースに同梱されています。

動かしてみます。

$ ./official-site.pl daemon
[Fri Sep  7 21:21:52 2012] [info] Listening at "http://*:3000".
Server available at http://127.0.0.1:3000.

ブラウザでhttp://127.0.0.1:3000/を開くと、オフィシャルサイトと全く同じものが動きます。同梱のPODビューワーとMarkdownビューワーを駆使したドキュメントが閲覧できます。

ちなみに日本語版もあります。日本語版も同梱されてるので、下記で起動できます。

$ ./official-site-ja.pl daemon

 

Mojoベースのオレオレフレームワークを作った」への1件のフィードバック

  1. Mina

    Grandissimo Esteban hai detto una cosa sacrosanta, io devo dire che non partecipo in maniera molto attiva alla vita quotidiana del blog ma cerco di leggere sempre tutti i coeihntm.Ancme se sono iscritto da molto mi considero un novizio per questo motivo ma ho grandissima stima per tutti gli utenti che commentano le notizie, mi accodo, QUESTO BLOG È UN VERO SBALLO!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です